スズメバチは、
毒が強い上に好戦的であることでも、
有名な八チ。

 

特に、
7月~10月に巣作りや繁殖の時期で、
特に危険な時期とされています。

 

過去には、
岐阜のマラソン大会で115人が刺された。

 

小学生10人が、
緑地での課外授業で被害にあった。

 

など、
様々な被害が出ています。

スポンサードリンク

7月~10月の危険なスズメバチ

7月~10月は、
巣作りや繁殖期であるため、
一層危険になるスズメバチ。

 

巣の近くを通るだけで、
襲われることすらあります。

 

特に9月は働き蜂が増えて、
活動範囲が増えるため、
最も危険な季節となります。

 

スズメバチと人の距離が縮まった理由

スズメバチは、
もともとの山に住んでいました。

 

ですが自然破壊などにより、
住宅街に巣をつくるようになり、
軒下や屋根裏、床下など、
身近な場所に今では生息しています。

 

また家庭から出るゴミが、
スズメバチの栄養源となってしまっています。

 

スズメバチの毒

スズメバチの毒によって、
毎年20人ほどが死亡しています。

 

また、二度刺されることにより、
呼吸困難や意識障害などが伴う、
過剰なアレルギー反応(アナフィラキーショック)で、
なくなる方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

スズメバチから身を守るために

もし自宅に、
スズメバチの巣が作られたら、
市役所などに相談をしましょう。

 

多少のお金はかかりますが、
対応をしてくれる場合が、
多くあります。

 

スズメバチの巣を、
駆除するのに掛るお金は、
相場が決まっているわけではありません。

 

地域ごとに違うので、
費用は変わってきます。

 

ですから参考として、
東京都武蔵野市の例を、
お伝えしておきますね。

 

スズメバチの巣

出典:https://yakunitatta.info/

 

スズメバチの巣を取るのであれば、
市役所などに相談しましょうね。

 

スズメバチから身を守るには?

スズメバチから身を守るには、
目を付けられないようにするのが、
最も大切になります。

 

スズメバチから身を守るには?
  • 巣を見つけたら静かに離れる
  • 巣を見つけても大声を出さない
  • 化粧や香水は避ける
     ○ハチがこれらの臭いに反応することがある
     ○野山に入る時には注意
  • 黒い物は標的にされる
     ○服の色に注意
     ○髪を白い帽子などで隠す

 

スズメバチの巣に、
近付かないことも大切ですよ。

 

スズメバチの巣が近くにあるサイン
  • しつこく自分の周りを飛ばれる
  • 空中で止まって警戒している
  • カチカチと以下くおんを出している
  • ハチの数が急に増えた
  • 同じ方向に飛び始めている

 

最低限、
こういったポイントに気をつけて、
スズメバチから身を守りましょう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい