女性ホルモンという言葉を、
よく聞きますよね。

 

女性であれば月経があるので、
自然とホルモンを意識しますよね。

 

では、
女性ホルモンとは、何なのでしょうか?

スポンサードリンク

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、
女性が出産や妊娠ができる体を、
作ったり維持したりする働きを持つホルモン。

 

卵巣で作られます。

 

この女性ホルモンなのですが、
2種類が存在します。

 

2種類の女性ホルモン

2種類の女性ホルモンというのは、
卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、
黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンです。

 

女性ホルモンの役割

女性ホルモンには、
どのような働きがあるのでしょうか?

 

女性ホルモンは、
分泌のバランスを、
周期的に変えながら、
以下のような働きをします。

 

  • 月経
  • 出産
  • 妊娠

 

この3つの働きが、
女性にとって、
特に大きな働きです。

 

また女性ホルモンは、
女性の体や心にも、
様々な影響を与えます。

 

女性ホルモンの女性の体への影響

卵胞ホルモンと呼ばれる、
エストロゲンは、
女性らしい体を作ります。

 

丸みを帯びた女性らしい体を作ったり、
子宮に作用して、
子宮の内膜を厚くしたりします。

 

また自律神経に深く関わっており、
感情にも影響を与えています。

 

女性ホルモンの影響:エストロゲン

エストロゲンの分泌は、
月経の終わりごろから、
多くなります。

 

この時期には、
肌の質も高まり、
痩せやすくもなります。

 

ですから女性にとって、
この時期は美容に挑戦するには、
うってつけの時期と言えます。

 

女性ホルモンの影響:プロゲステロン

もう1つの女性ホルモンである、
プロゲステロン

 

妊娠と深い関わりのある、
女性ホルモンです。

 

排卵終了後から、
月経の時期にかけて、
分泌が増えます。

 

この時期には、
体の不調を感じ始め、
肌の質が悪くなったりします。

 

この時期に体長があまりにも悪くなると、
月経前症候群(PMS)と呼ばれまる。

 

月経前症候群(PMS)になると、
婦人科で治療を受ける必要が、
出てきます。

スポンサードリンク

女性ホルモンが原因の不調

女性ホルモンは、
体調不良の原因に、
なることがあります。

 

2種類の女性ホルモンは、
ストレスなどにより、
バランスを崩してしまいます。

 

月経不順、PMS、自律神経失調症は、
女性ホルモンのバランスが崩れて生じる、
症状として有名ですよね。

 

また排卵障害になり、
不妊につながることもあります。

 

女性ホルモンの摂取について

女性ホルモンのバランスが崩れた時、
薬やサプリメントを使って、
体に取り入れる場合がありますよね。

 

ですが医師の指示に従って、
女性ホルモンの摂取は行いましょう。

 

女性ホルモンの過剰摂取は、
子宮がんや乳がんのリスクを、
高めることがあります。

 

女性ホルモンのバランスを整えるには?

女性ホルモンのバランスを整えるのは、
規則正しい生活を送ったり、
ストレスをためないようにするなどが、
基本となります。

 

また、
女性ホルモンは月経周期に合わせて、
分泌量が変化します。

 

ですから、
女性ホルモンの分泌の変化に合わせて、
活動的になったり静かに過ごしたりすることも、
大切になります。

 

食事も女性ホルモンには大切

女性ホルモンを考えた食事は、
どのような物なのでしょうか?

 

女性ホルモンを考えた場合、
大豆を忘れるわけにはいきません。

 

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、
女性ホルモンと似た働きをします。

 

またビタミンB6や、
ビタミンE、ラウリン酸は、
ホルモンの形成に役立ちます。

 

各栄養素は、
以下の食材に多く含まれています。

 

  • ビタミンB6:マグロやカツオ
  • ビタミンE:ナッツ類
  • ラウリン酸:ココナッツオイル

 

終わりに

女性ホルモンは、
女性にとって見逃せないホルモン。

 

大豆を食べるなど、
女性ホルモンのバランスを、
整える方法はいくつもあります。

 

それらの方法を使って、
女性ホルモンと上手に付き合いましょう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい