時差ボケになると、
生活リズムが思いっきり崩れますよね。

 

眠気が変な時間に生じますし、
頭痛なんかの症状により、
日中の活動が制限されたり──。

スポンサードリンク

時差ボケの症状に悩む期間は?

時差ボケの症状にもよりますが、
帰国後3日ほどが一般的です。

 

しかし、
1週間から10日ほど海外にいたのなら、
1ヶ月以上続く場合もあります。

 

ですが、
この1ヶ月間というのは、
時差ボケが完全に治ったと、
感じられる期間。

 

ですから症状が徐々に和らぐので、
1ヶ月間ずっと時差ボケに、
悩まされるわけではありません。

 

時差ボケの頭痛

時差ボケの症状の一つに、
頭痛があります。

 

この頭痛の原因ですが、
様々な要因が考えられます。

 

特に頭痛の原因として多いのが、
旅による疲れです。

 

ですから頭痛が出た場合は、
時差ボケの解消法だけでなく、
疲労の回復も考える必要があります。

 

時差ボケの吐き気

時差ボケの症状の一つに、
吐き気が存在します。

 

この吐き気は、
時差ボケを解消しないと、
根本的な解決は、
難しいです。

 

しかし
横になったり換気をしたり、
通常の吐き気対策を行うと、
症状の緩和に繋がります。

 

夜に起きてしまう

時差ボケの症状として、
最も多いのが睡眠のリズムが、
狂ってしまうことではないでしょうか?

 

時差ボケによって目が覚めると、
中々寝付けませんよね。

 

このような時には、
呼吸に集中してみるのが、
よいかもしれません。

 

寝付くには何も考えない方が、
よいというのは分かりますよね。

 

ですが、
何も考えないというのは、
かなり難しい事です。

 

ですからこのような時には、
呼吸に意識を向けましょう。

 

呼吸に意識を向ける事で、
いつの間にか眠ってしまいます

 

仮に寝付けなくても、
を休めることは出来ます。

スポンサードリンク

睡眠薬の注意点について

中々寝付けないとき、
睡眠薬を使う方もいらっしゃいます。

 

この睡眠薬ですが、
飛行機内で飲むのは避けましょう。

 

エコノミー症候群の原因に、
なる事があります。

 

また、
アルコールと一緒に飲むと、
睡眠効果が強く出過ぎるので、
この点にも注意が必要です。

 

時差ボケ解消の基本

時差ボケ解消の為には、
一番に日光を浴びることを、
お勧めします。

 

日光を浴びる事で、
を覚醒させるホルモンが出ます。

 

特に朝日を浴びるのが、
よいとされていますよ。

 

これは、
交感神経と副交感神経を、
切り替えられるからです。

 

規則正しい生活に即した時間に、
日光に当たる事で、
自律神経を調整できます。

 

終わりに

時差ぼけは辛いですよね。

 

この時差ぼけは、
自律神経の乱れが、
大きな要因とされています。

 

ですから、
日光に当たるなどして、
自律神経を整えるのが、
解消の第一歩となります。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい