花言葉のルーツには、色々な説があります。

 

このため同じ花の花言葉であっても、本ごとに全く違っている事も多く混乱することも多いのです。

 

ですから、花束などに花言葉を込めて贈る場合は、メッセージカードなどを添えて送ると良いですよ。

 

そんな花言葉の豆知識を今回はお伝えします。

スポンサードリンク

花言葉とは?

 

花言葉というのは、各国の伝説、神話、風習などを参考に決められてきました。

 

このため、研究者や地域によって誕生花や花言葉が異なってきます。

 

花言葉の始まり

 

花言葉がどの国から始まったのかについても、色々な説があります。

 

そんな説の中でもとくに有力なのが、17世紀のトルコという説です。

 

当時のトルコでは、恋人に花を贈るとき花に思いを託して贈っていたそうです。

 

この風習が花言葉につながったとか。

 

トルコのあとはヨーロッパに

 

トルコから始まったという説の場合、花言葉の風習はその後ヨーロッパへと広まります。

 

さらに他の国へと広まっていき、各国ごとの花言葉が生まれていったとされています。

 

花言葉が本格的に定着したのは?

 

花言葉がフランスに定着したのは、1819年にシャルロット・ド・ラトゥールが花の言葉(Le Langage des Fleurs )という本がキッカケだとされています。

 

この本には、、トルコ人たちの風習を花言葉の文化として紹介されていました。

 

当時、フランスの上流階級の間では好意を寄せる人への気持ちや批判を花や植物に例えて詩にするということがはやっていました。

 

この流行にシャルロットさんの本が合わさった結果、爆発的に広まったのです。

 

その後、この風習がヨーロッパへと伝わりやがて日本へと伝わりました。

 

日本に初めて花言葉が入ってきたのは?

 

日本に花言葉が初めて入ってきたのは19世紀末。明治初期だとされています。

 

当時は海外から入ってきた花言葉をそのまま使っていました。

 

ですが年月が経つにつれて、日本人独自の風習や歴史から日本固有の花言葉を考えるようになりました。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい