衣装ケースの捨て方はこの3つに注目!

衣装ケースは、
衣類を大量に入れておく家具だけあって、
かなり大きいですよね。

衣装ケース

 

ですから、
捨てる時にかなり困ります。

 

さて、
衣装ケースの捨て方には、
どのような方法があるのでしょうか?

スポンサードリンク

衣装ケースをゴミとして捨てるのなら

衣装ケースを捨てるとき、
サイズと素材を確認しましょう。

 

どちらも、
自治体によって規定が違うので、
お住まいの自治体のルールを、
しっかり確認して捨てましょうね。

 

なお衣装ケースの、
サイズや構造によっては、
解体を自分の手で行う必要があります。

 

自治体に任せる場合

衣装ケースの処分は、
自治体に任せるのが一般的です。

 

粗大ごみを捨てる場合は、
回収窓口に事前に連絡するのが、
ルールの場合が多いですよ。

 

もちろん、
素材に合わせた指定の曜日に、
ゴミとして出すようにしましょう。

 

自治体に任せた場合は費用が必要かも

捨て方

自治体に粗大ごみとして、
処分をお願いした場合は、
数百円が必要になる場合があります。

 

この辺りは、
自治体によって違うので、
確認しておきましょう。

 

衣装ケースの処分を業者に任せる場合

衣装ケースを、
業者を通して処分する方法があります。

 

この方法は、
結構なお金が必要となるので、
一般的ではないかもしれません。

 

衣装ケース一個で、
5000円ほどです。

 

衣装ケースのサイズが大きいと、
1万円を超えることも。

 

また、
業者選びにも注意が必要で、
けっこう面倒くさいかもしれませんね。

 

以下のような点には気をつけましょう。

 

  • 衣装ケースの回収をしている
  • 不用品回収の大手である
  • 回収料金が明確になっているか
  • 希望日時の回収を受け付けている
  • 古物商許可を受けている

 

無料の回収業者について

無料の回収業者がおります。

 

ですが、
最終的にお金が必要になったり、
無免許であったりと、
問題のある業者もいます。

 

ですから無料の回収業者は、
気をつけて活用しましょう。

スポンサードリンク

衣装ケースをリサイクルするのなら

衣装ケースは、
リサイクルショップに出せます。

 

ただし、
有名ブランドの物であることや、
キレイな状態であることが、
条件であることがほとんどです。

 

この辺りの事は、
リサイクルに出そうと思っているお店で、
事前に確認するようにしましょう。

 

リサイクルショップにリセールするには?

衣装ケース

リサイクルショップに引き渡すために、
衣装ケースをお店まで運ぶ必要があります。

 

そしてお店で査定されるのですが、
買取できない状態の場合は、
自宅に持ち帰ることになります。

 

終わりに

衣装ケースの処分は、
自治体に任せるのが一般的のようです。

 

一番手軽だということなのでしょうね。

 

ですが、
ゴミと出せる日が決まっているので、
忙しい日が続く場合は利用が難しいかもしれません。

 

そんな時には、
リサイクルショップや業者さんを、
利用するという感じで良いのではないのでしょうか?

 

ライフスタイルに合わせて、
3つの処分方法をうまく活用しましょうね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

このページの先頭へ