赤ちゃんの夜泣きは、
子育ての難しさの、
代名詞として扱われていますよね。

 

とうぜん、
夜泣きを経験したママは、
かなり悩みます。

 

この夜泣きですが、
根本的な原因が何であるのかは、
いまだ解明されていません。

 

ですが経験則から、
夜泣きの症状を和らげる方法は、
いくつか考えられています。

 

今回は、
それらの夜泣きの症状を和らげる方法を、
お伝えします。

スポンサードリンク

夜泣きを和らげるには?

赤ちゃんの夜泣きは辛いものです。

 

夜中でも起きて、
なんとか泣きやませようとしても、
中々泣きやまないので、
頭を悩ませる方も多いのでは?

 

赤ちゃんの夜泣きを和らげるには、
とりあえず以下の点に気をつけてみて下さい。

 

灯りを調整する

夜眠る時の、
灯りを調整しましょう。

 

照明をなるべく暗くするとともに、
照明の色にも気を配りましょう。

 

朝は明るく

赤ちゃんが目を覚ましたとき、
朝、部屋が明るくなるようにしましょう。

 

朝の日を取り入れることで、
赤ちゃんの脳を覚醒させて、
睡眠リズムを取りやすくできます。

 

日中は光を浴びさせる

日中には、
赤ちゃんに日光を浴びさせましょう。

 

このとき、
赤ちゃんを運動させることで、
自然に眠るようになります。

 

昼寝と夜の就寝には間隔を空ける

昼寝と夜の就寝時間には、
しっかりと間隔を空けましょう。

 

夜の就寝が、
昼寝の時間からすぐだと、
大人と同様に、
赤ちゃんは寝つけません。

 

お風呂にも注意

赤ちゃんの入浴は、
夜の就寝の1時間前が理想です。

 

人間の体は、
体の温度が徐々に下がっていく段階で、
眠くなるように出来ています。

スポンサードリンク

テレビやスマホの光を眠る前には浴びさせない

テレビやスマホの光には、
脳を覚醒させる働きがあります。

 

眠る前の3時間は、
特に見せないように注意をしましょう。

 

また、
テレビは刺激的な情報を発信しますから、
赤ちゃんを興奮させてしまいます。

 

ですからテレビは光だけでなく、
情報面の問題もあるので、
注意をしましょうね。

 

快適に眠れる温度管理をする

布団、衣類、室温などを、
気持ちよく赤ちゃんが眠れるように、
調節をしましょう。

 

大人と同様に、
これらは寝付きに、
大きな影響を与えます。

 

赤ちゃんが寝つかないと、
夜泣きの原因になりかねないので、
注意が必要です。

 

親はイライラしない

赤ちゃんは、
親をよく観察しています。

 

親がイライラしていると、
子供が不安になり、
中々寝付けなくなってしまいます。

 

そして、
夜泣きをする事に──。

 

親御さんは日頃から、
自分のストレス発散にも、
気をつけるようにしましょう。

 

終わりに

赤ちゃんが夜泣きをする時、
ぐっすりと眠れるように、
リラックスさせることが大切です。

 

赤ちゃんをリラックスさせることで、
夜泣きをする確率は下がります。

 

ですがそれでも、
夜泣きが発生する点が、
辛いところです。

 

この点を考えるとどうしようもないことだと、
諦めてしまうことも大切かもしれません。

 

また海外では、
夜泣きを防ぐ訓練という物があるそうです。

 

夜泣きの対処法!放置するこの方法を実践してみよう

 

色々と複雑な点はありますが、
赤ちゃんを構い過ぎないという点も、
訓練を見ると必要だと分かりますよね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい