車のドアに触れたら静電気で、
バチッ! となる。

 

この現象の防止策は、
案外単純な方法なんだ。

 

そんなわけで今回は、
車の静電気防止方法をまとめたよ。

 

車の静電気を簡単に回避する方法さ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

絶滅傾向にある自動車の静電気でバチッ!

キーレス・リモコンが増えたので、
のドアでバチッとなることが減った。

 

でも車の運転後は、
体に静電気が溜まっている。

 

このため自宅のドアを開けたりすると、
バチっとなってしまう。

 

shock

これは車の運転中は、
背中と背もたれのシートが、
摩擦するから。

 

は湿度が高いので、
空気中に静電気は放電される。

 

でもになると、
空気が乾燥しているので、
静電気が体に溜まってしまう。

 

このため、
冬に車を運転した後は、
ドアでバチっとなりやすい。

 

自動車の静電気でバチっとなるのを防止

自動車で溜まった静電気は、
車のドア以外でもバチっとなる原因になる。

 

例えば、
キーレス・リモコンで車のドアを閉めても、
家のドアでバチっとなる場合がある。

 

だから車の運転で溜まった静電気は、
早めに除去するようにしよう。

 

車で溜まった静電気を除去する方法
  • 車の金属部分を触る方法
     ※マイナスの電流が補われる
     1.車を降りるとき地面に足を付けない
     2.車の金属部分に触れる
  • 湿った布に触れる
     ○湿らせた布で車のボディの金属を触れながら降りる方法
  • 鍵をドアノブに触れさせる
     1.鍵の金属部分を持つ
     2.鍵をドアノブに触れさせる
     3.ドアノブに触れる

スポンサードリンク

車の静電気防止グッズ

最近は静電気対策が、
車でも考えられている。

 

絶縁体の代名詞であるタイヤですら、
通電できるほど。

 

thinking-277071_640

このため、
新しい年代の車に乗っている人は、
車の静電気はあまり考えなくて良いかも。

 

でも車のシートと体がこすれると、
体に静電気が溜まるのは変わらない。

 

だから静電気除去は、
しっかりと行おうね。

 

まとめ

静電気に悩む時期には、
ドアノブを掴むのに躊躇するもの。

 

何度も静電気で痛い思いをすると、
ドアノブを握るのすら戸惑う。

 

静電気防止の方法を使って、
快適で静電気のない生活を送ろう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい