食べこぼしエプロン

食べこぼしエプロンは、
子供の物であればデザインに、
それほどこだわる必要はありません。

 

もちろん使いやすさや
子供が着用を嫌がらないか、
この点には気をつける必要がありますが。

 

問題となるのは、
高齢者の肩に用意する、
食べこぼしエプロンです。

スポンサードリンク

高齢者の食べこぼしエプロン

高齢者の方に用意する、
食べこぼし用のエプロン。

 

準備する時には、
デザインに注意をしましょう。

 

デザインに注意をする理由

食べこぼし用のエプロンは、
かなりカッコ悪い物があります。

 

むしろ、
カッコ悪いデザインの物が、
大半だとすら言えます。

 

そんなカッコ悪い、
食べこぼしエプロンを着用させられると、
高齢者の方の自尊心を傷つけます。

 

それに、
かなりのストレスを生じさせます。

 

ですから、
高齢者の型の食べこぼしエプロンは、
デザイン面もとても大切なのです。

 

最近の食べこぼしエプロン

高齢者の方の、
食べこぼしエプロン。

 

選ぶ時には、
デザインの面も気をつけましょう。

 

また、
最近では礼服に合わせた物もあるので、
場に合わせて使い分けることも可能ですよ。

 

食べこぼしエプロン着用前に

食べこぼしエプロンは、
食べこぼしが頻繁になってから、
着用しますよね。

 

ですが、
着用する必要が無いかもしれません。

 

食べこぼしというのは、
様々な要因で起こります。

 

まず注意したいのが、
お皿などと口の距離

 

この距離が長いと、
食べこぼしが発生しやすくなります。

 

また、
座る姿勢にも注意しましょう。

 

床に足の裏がしっかりとついていない場合は、
姿勢が不安定になりがちとなり、
食べこぼしの原因になります。

 

食器への注意も必要です

食器と一言でいっても、
最近では様々なタイプが売られています。

 

手に力が入らないなど、
様々な条件に合わせて、
選べますよ。

スポンサードリンク

食べこぼしマットについて

食べこぼしエプロンと共に、
用意したいのがマット

 

この食べこぼしマットですが、
使い捨てと使い捨てでない物とがあります。

 

もちろん、
使い捨てでない物の方が、
デザインは良いですよ。

 

ですが、
使い捨ての方が便利です。

 

洗わずに、
そのまま捨てられますからね。

 

なんでしたら、
新聞紙を敷くだけでも良いですし──。

 

食べこぼしマットを敷くと

食べこぼしマットを敷けば、
食べこぼしをしっかりと、
受け止めてくれます。

 

床のチョットした隙間に、
食べこぼしが入るのも防げます。

 

それに食べこぼしがあると、
マットが無いと、
床を拭かなければなりません。

 

ですがマットが敷いてあれば、
マットごと持ち運べるので、
洗うのも楽になります。

 

敷くのが少し面倒ですが、
十分にその労力をかける価値は、
あるのではないでしょうか?

 

終わりに

食べこぼしエプロンとマットは、
汚れ対策として有効です。

 

しかし高齢者の方に使う場合、
食べこぼしエプロンの方は、
デザインに気をつけなければ、
自尊心を傷つけることになりかねません。

 

この点には、
気をつけましょうね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

このページの先頭へ