食費の節約は、
お金を貯めるポイントの一つ。

食費を抑える、
買い物のコツを知れば──

貯金通帳を見ながら、
ニマニマできるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

食費を抑えるコツ

食費を抑えるためには、
買い物に少し工夫が必要です。

難しい方法もあるのですが、
まずは気軽に行える、
以下の方法から始めてみましょう。

 

食費を節約するコツ:メニュー作り

食費

食費を節約するのなら、
色が白い食材を買うと良いでしょう。

白い食材と言うのは、
豆腐、はんぺん、ちくわ、
モヤシ、エノキダケなどです。

こういった物は、
価格が安いですよね。

しかも、
気候の変化や季節に、
あまり左右もされません

下ごしらえも楽だから、
料理で使うガス代や電気代も、
少しだけど節約できます。

それに白物は、
色々な食材と相性が良いですし、
刻むなどすれば料理のかさましに、
使うことも可能。

 

卵で見た目が豪華になる

食費を節約する場合、
料理の見た目が地味になりがち。

でもを少し使うだけで、
ちょっと豪華に見えます。

先ほどの白物食材である、
モヤシなどを包むだけで、
案外豪華に見えます。

基本的に卵は、
とじる、包むという作業をするだけで、
料理を豪華にしてくれます。

 

天かすも食費の節約に役立つ

節約

天かすもまた、
卵と同様に節約料理を、
豪華にしてくれます。

みそ汁に入れても良し。

煮物に放り込んでも良し。

アッサリした料理に使えば、
腹もちの良いコッテリ料理に、
変化させてくれます。

 

実はコンビニ惣菜も

大家族であれば、
スーパーなどで食材を買って、
料理を作るのが節約の基本。

でも少人数の家族の場合は、
食材を買って料理をするよりも、
コンビニの惣菜などを1品ほど追加した方が、
節約につながることがあります。

 

食費を節約するコツ:買い物

買い物

スーパーで食材を買う。

この時のちょっとしたコツで、
食費を節約できます。

 

スーパーは逆から回る

スーパーの商品は、
売れやすいように配置されています。

ですから、
普通に回ると必要のないものまで、
購入するハメになることも……。

アタシ達がスーパーを回るルートは、
以下のような感じですよね。

  1. 野菜&果物
  2. 鮮魚
  3. 精肉
  4. 加工品
  5. 乳飲料
  6. 惣菜

こういったルートで、
周る人が多いと思います。

多くのスーパーは、
このルートで物が売れるように、
知恵を絞っているので、
誘惑の多いルートと言えます。

コツ

ですから、
以下のルートで買い物をすると、
誘惑が少ないので、
食費の節約につながります。

  1. 精肉
  2. 鮮魚
  3. 加工品や食材
  4. 果物
  5. 野菜
  6. レジ

この順番で回れば、
誘惑が少なくて済みます。

 

まとめ買いを活用する

買い物をするためには、
スーパーなどへの移動が必要です。

ですから、
車やバイクのガソリン代
バス代などが必要になってきますよね。

この事を考えると、
食費とは少し違うのですが、
買い物はまとめて行った方が良いと言えます。

それだけでなく、
バーゲンなどで食材が安い時をねらって
まとめて買った方が安く済みますよね。

まとめ買いをするのであれば、
業務用スーパーの活用も、
視野に入れると良いでしょう。

スポンサードリンク

業務用スーパーの活用

業務用スーパーでは、
中間業者を極力減らしているので、
色々な物が安く買えます。

  • 大容量品
  • 半調理済み品
  • 調味料などのメーカー品

業務用スーパーで買うのであれば、
これらが狙い目となります。

 

まとめ買いの注意点

食費

食費を節約する場合、
まとめ買いが基本となります。

ですが、
まとめ買いをした結果、
大量の消費期限切れ食材が出てしまったら、
大損ですよね。

ですから、
まとめ買いをする場合、
数日先まで料理の献立を、
考えておく必要があります。

考えるのは難しいですが、
なんかを探して参考にすると、
良いかもしれませんよ。

楽天の料理メニュー本一覧へ(料理 1週間の検索結果)

楽天やamazonで、
料理 1週間と調べれば、
良さげな本が見つかります。

 

終わりに

食費は人間が生きている限り、
必ず必要になってきます。

ですが食費に関しては、
工夫次第で削ることは可能です。

もちろん、
栄養不足にならない範囲で、
食費は削ることになりますが……。

食費を削るのであれば、
献立を1週間ほど先まで決めてから、
買い物をすることがコツとなります。

ですから食費の節約は、
少しの勉強が必要ということになります。

しかしその見返りは、
かなり大きいので良い投資になるかもしれませんよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい