湯たんぽには、
古臭いというイメージがあります。

 

ですが実際は、
湯たんぽの良さが見直されており、
愛用者も増えているようです。

 

そんな湯たんぽには、
色々な種類が誕生していますよ。

スポンサードリンク

湯たんぽの種類

湯たんぽの良さが、
見直されたせいでしょうか?

 

最近は、
色々な素材の湯たんぽが、
販売されています。

 

そんな湯たんぽは、
どのような特徴を考えて、
選べば良いのでしょうか?

 

陶器製の湯たんぽ

陶器製の湯たんぽは、
昔から使われてきました。

 

保湿性が高い上に、
陶器であるため水分を蒸発させ、
乾燥を防いでくれます。

 

その代わりに、
かったり割れやすかったりするので、
使う人は少なくなっているようです。

 

トタン製の湯たんぽ

トタン製の湯たんぽは、
ホームセンターでよく見かけます。

 

保湿性の高さと、
比較的軽いことが魅力です。

 

純銅製の湯たんぽ

純銅製の湯たんぽは、
熱伝導がとても高い事で有名です。

 

それに、
見た目がいかにも高級という感じで、
キング・オブ・湯たんぽ!
と、いう風格も持っています。

 

欠点も、
値段もキング・オブ・湯たんぽな点が、
玉に傷かもしれません。

スポンサードリンク

プラスチック製の湯たんぽ

プラスチック製の湯たんぽは、
とにかく軽いです。

 

サイズも幅が広く、
目的に合った大きさの物を選べます。

 

値段と軽さがウリのプラスチック製湯たんぽですが、
保温性の低さといいう欠点もあります。

 

ですが欠点を考えても、
持ち運びに便利な小型の物がある点は、
とても魅力的だと言えます。

 

ゴム製の湯たんぽ

最近人気が高まっているのが、
ゴム製の湯たんぽです。

 

柔らかいため、
体にフィットするから、
効率的に温まれます。

 

また氷枕としても、
使えますよ。

 

湯たんぽのデザインは幅広くなった

湯たんぽの種類は、
近年幅広くなっています。

 

印刷技術の向上により、
湯たんぽのカバーは、
とても可愛いものが増えました。

 

輸入された湯たんぽのも多くなりましたが、
特にドイツ製の物には、
可愛いものが多くあります。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい