お宮参りの産着は、
七五三で着物に仕立て直すのが、
本来のあり方。

 

仕立て直しをした方が、
男の子の服が安く済むからオススメだよ。

スポンサードリンク

七五三のお祝いの由来

七五三のお祝いは、
男の子であれば3歳と5歳。
女の子であれば3歳と7歳に行われる。

 

この3,5,7という数字は、
陽数と呼ばれるもので、
縁起が良い数字だよ。

 

七五三の由来
  • 3歳
     ○赤ちゃんの頃から剃っていた髪を、男女共に伸ばし始める儀式
  • 5歳
     ○男の子が子ども用の着物をやめて、袴を履くようになる儀式
  • 7歳
     ○女の子が子ども用の着物をやめて、帯をしめた大人用の着物をきる儀式

 

七五三でお宮参りする時期

七五三の行事は、
一般的には11月15日に行う。

 

でも11月15日以外にも、
最近では行われている。

 

例えば、
10月の中旬~11月前半の吉日や祝日、
あと土日なんかにも行っているよ。

 

七五三の着物、3歳と5歳

お宮参りの時には、
着物を子どもに着せることになる。

 

この着物は、
男の子の場合は産着を仕立て直す。

 

お宮参りで着せた産着などを、
仕立て直してを履かせると安くて済むから、
産着があるのなら、ぜひ行いたい。

 

を買うとき袴セットであれば、
懐剣やぞうりもセットになっているから、
買うのに迷うことはないから考慮して見よう。

 

ただ、この仕立て直しは、
和裁経験がないと苦労するから、
5000円ほどでプロに頼むのも手。

スポンサードリンク

お宮参りの産着を七五三では仕立て直して!

お宮参りの時に着せる祝い着を、
産着と呼ぶ。

 

和裁縫の経験がある人なら、
産着を自分で仕立て直せるハズ。

 

このとき、
行う手直しは4点。

 

産着を仕立て直す方法

  •  ○袖を閉じる
     ○手を通す以外の部分
     ○袖の下部に丸みを付けるように縫う
  • 肩上げ
  • 腰上げ
     ○下に縫い目が来るように注意して縫う
     ○1~2cm持ち上げ気味に縫う
  • 襦袢のつけ袖を外す

 

結び紐は外さずに、
腰紐として使う。

 

ただしこの仕立てでは、
7歳の七五三時に丈が足りなくなるから、
衣装をレンタルすることも考えよう。

動画

 

肩上げ

 

腰上げ

 

まとめ

今回のリサーチでは、
お宮参りの着物の仕立て直しについてまとめた。

 

産着を仕立て直すっていうのは、
伝統ともいえる。

 

でも最近は、
着物を買ったりレンタルするのが主流

 

産着を仕立て直すか他の方法で着物を用意するのか、
どちらを選ぶかは、あなた次第☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい