お彼岸とはいつから始まるのだろう?

お彼岸のお墓参りのタイミングはいつだろう?

 

今回のリサーチでは、
そんなお彼岸にまつわる”いつ”をまとめた。

 

気になる日本の伝統お彼岸の”いつ”を徹底追及(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

お彼岸はいつ?

お彼岸には、
春のお彼岸と秋のお彼岸がある。

 

まずは春のお彼岸について。

 

春のお彼岸
  • 3月の春分の日を挟む前後3日間
     ○合計7日間を指す
     ○2015年であれば3月18日~3月24日
  • 春分の日は”中日”と呼ばれる
  • お彼岸の初日は”彼岸の入り”と呼ばれる
  • お彼岸の終わりの日は”彼岸明け”と呼ばれる

 

次は秋のお彼岸について。

 

秋のお彼岸
  • 秋彼岸と呼ばれている
  • 9月の春分の日を挟む前後3日間
     ○合計7日間を指す
     ○2015年であれば9月20日~9月26日
  • 秋分の日は”中日”と呼ばれる
  • お彼岸の初日は”彼岸の入り”と呼ばれる
  • お彼岸の終わりの日は”彼岸明け”と呼ばれる

 

お彼岸のお墓参りは、
春分や秋分である中日に行われることが多い。

 

その次に多いのは、
彼岸の入りみたいだよ。

 

お彼岸とは?

clouds-74881_640

お彼岸は、
平安時代から存在する。

 

そんなお彼岸の語源は、
古代インドのサンクリット語

 

サンクリット語には、
仏教用語である波羅蜜という言葉がある。

 

波羅蜜ははらみつと、
読むんだけど意訳して至彼岸

 

至彼岸は、
彼の岸に至るという意味がある。

shock

 

彼の岸というのは、
命が辿り着く場所である浄土を示す。

 

そして浄土というのは、
西にあるとされている。

 

すなわち至彼岸というのは、
西に沈む夕日を見ながら、
浄土を感じましょうという意味を持っている。

 

そんな至彼岸が、
お彼岸の直接の語源になったんだ。

※浄土というのは極楽浄土とも呼ばれる場合がある

 

お彼岸が春分の日と秋分の日を中心にするのは何故?

春分の日と秋分の日も、
真東から陽は昇り、真西に陽は沈む。

 

至彼岸というのは、
西に沈む夕日を見ながら、
浄土を感じましょうという意味。

 

だから真西に沈む、
春分の日と秋分の日は、
教えに合った日なんだ。

スポンサードリンク

お彼岸の準備とは?

お彼岸を迎えるにあたって、
お墓関連の準備が必要。

 

準備をまとめると、
以下のような感じになる。

 

お彼岸の準備
  • お仏壇や仏具を掃除してキレイにする
  • お墓参りする前にお寺に卒塔婆をお願いしておく
     ○宗教によっては必要
  • お墓を掃除する
  • お供えなどをする
     ○菓子、精進料理など
     ○春の牡丹餅というのは牡丹の花にちなむ
     ○秋のおはぎは萩の花(はぎのはな)にちなむ

 

a0002_000581

次にお墓参りの、
基本的な持ち物をまとめるよ。

 

これにする感じで、
持ち物は選ぼう。

 

お墓参りの持ち物
  • ろうそく
  • お供物もの
     ○果物やお菓子など
  • お線香
  • お花
     ○しきみか、四季の花
  • マッチかライター
  • お墓掃除の道具
     ○歯ブラシ
     ○乾いた布

 

お墓の掃除は、
大雑把にいえばこんな感じ。

 

お墓の掃除
  1. 墓石は水を使って洗う
  2. 特に丁寧に洗う場所
     ○花立て、水鉢、香立て
  3. 墓石の彫刻が施されている部分
     ○歯ブラシを使う
  4. 掃除が終わったら布で拭く

 

最後にお供えの仕方について、
最低限のマナー

 

お供えの仕方
  • 果物やお菓子
     ○半紙を二つ折りした上に乗せる
  • 水鉢
     ○水を入れる
  • 花立て
     ○供花をお供えする

 

 

まとめ

今回のリサーチでは、
お彼岸とはいつから始まるのかを、
中心にまとめた。

 

お彼岸に関する、
掃除の仕方やマナーは、
宗教や地域によって違いがある。

 

だから基本を押さえながらに、
どんな地域や宗教の特色があるのか考えるようにしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい