初盆の香典!御仏前は神道の家では使えない?表書きの秘密

お盆には、
亡くなった方の霊が帰ってくるとされる。

 

初盆もお盆の一種だけどは、
誰かが亡くなって初めて迎えるお盆という点が、
通常のお盆とは違う。

 

 

そんな違いの中に、
香典についての違いもある。

 

今回のリサーチでは、
初盆の香典についてまとめた。

 

お盆とは少し違う初盆の香典情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

初盆の香典について

ここでは記事の本題である、
香典についてまとめるよ。

 

初盆の香典、相場

初盆の香典は、
故人の方との関係で、
金額が変わってくる。

 

初盆、香典の相場
  • 自分の父母
     ○食事がある場合1万円~2万円
      +兄弟で提灯代やお供え代を出し合う(3千円ほど)
  • 自分の祖父母
     ○食事がある場合:1万円
      +3千円ほどのお供えを用意する
     ○食事がない場合:5千円
      +3千円程のお供えを用意する
  • 自分の兄姉
     ○食事がある場合:1万円~2万円
      +3千円ほどのお供えを用意する
     ○食事がない場合:5千円~1万円
      +3千円程のお供えを用意する
  • 友人の父
     ○食事がある場合:5千円~1万円
     ○食事がない場合:5千円

 

ここに書いたのは一例で、
香典の相場は宗派や地域で変わってくる。

 

だから身近に、
故人の宗派や地域の慣習に詳しい方がいるのなら、
訊ねた方が良いんだ。

 

のし袋について

水引きは、双銀、藍銀で、
蓮絵(はすえ)が入っていない物を選ぶ。

 

a0002_000581

関西では、
黄白を使う地域が多い。

 

黄銀を使うことも可能だけど、
黄銀を使う場合は、
5本か7本のものを使おう。

 

水引きの結び

水引きの結びは、
鮑結び、結切りのどちらかを選ぶ。

 

表書き

表書きには、
御供、御仏前、御佛前、御供物料の、
いずれかを使うことになる。

 

御供物料は、
宗旨宗派に関係なくつかえる。

 

相手方が仏式であれば、御仏前で、
相手方が神式であれば、御神前や御玉串料を使う。

 

下段

フルネームで、
自分の名前を入れる。

スポンサードリンク

初盆、表書きの色々

初盆では、
色々な表書きが存在する。

ここでは、
それらをまとめておくよ。

 

渡す時の表書き
  • 品の表書き
     ○御供
  • お金や品の表書き
     ○御仏前、御供、御佛前、御供物料
  • ちょうちん代のお金
     ○御提灯料

 

次に渡す時の表書き。

 

お返しの表書き
  • 初盆の供養をしてくれた人へのお返し
     ○初盆会、志、初盆供養
  • お供え物を頂いたりしたときのお返し
     ○志
  • 読経した僧侶
     ○御布施
  • 僧侶への交通費
     ○御足衣料、御車代

 

まとめ

今回のリサーチでは、
初盆の香典についてまとめた。

 

通常のお盆と初盆は、
違うところも多いから、
気を付けたいことも色々とある。

 

それに地域による慣習の違いにも、
気を付けたいから相談役がいた方が良い。

 

だから誰が詳しいか考える必要があるかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

このページの先頭へ