父の日に花を贈るとしのは、
何となく恥ずかしくい(〃∇〃)

 

父の日に贈る花を調べると、
やはり贈るときに気恥ずかしくない物が人気。

 

父の日に贈りたい花のランキングを、
今回はリサーチしてみた。

 

 父の日に花を贈るのが気恥ずかしい人は参考にしてね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

父の日はいつ?

父の日は6月の第三日曜日

 clock-597435_640

母の日は、
5月の第2日曜日。

 

5月は祝日が多いけど、
父の日がある6月は忙しい時期

 

だから忘れがちだから気を付けようね。

 

父の日の始まり

父の日はアメリカが発祥。

 

南北戦争から帰還して、
男手ひとつで自分を育ててくれた父を忍び、
父の日が制定された。

 

父の日の始まりをもう少し詳しく

始まりは1910年。

 

J.B.ドットという女性が、
牧師に父の日礼拝をしてもらった。

 shock

このことが父の日の始まり。

 

 

なぜ父の日礼拝を、
J.B.ドットがしてもらったかというと、
母の日があるのに父の日がないことが原因。

 

だから、母の日があるのになぜ父の日がないの!

 

そんな想いから父に感謝する日の要望を、
牧師協会に嘆願したわけ。

 

このことがキッカケとなり、
世界で初めて父の日のお祝いが行われた。

 

でも、発祥とされるアメリカで、
正式な祝日とされたのは1972年

 

だから正式な祝日となるまでに、
60年が必要となったということだね。

 

父の日=バラを贈る

父の日にはバラを送る人が多い。

 

特に黄色いバラは、
身を守るという意味があるので、
アメリカで主流となっている。

 

でも父親が無くなっている場合は、
白いバラがお墓に備えられることもある。

 

父の日に贈る花のランキング

rose-81212_640

バラを贈るのがアメリカの主流。

 

では、日本だと、
どんな花が贈られているのだろう?

 

ここではランキング形式で、
父の日に贈られる花をまとめるよ。

 

まずは定番のバラについて

父の日に贈る花として定番のバラ

 

6月に入ると花屋さんの店頭で、
黄色いバラを見かける機会が多くなる。

 

束で贈っても良いし、
一輪にして贈っても絵になるバラ。

 

でも6月になると恐ろしく高くなるから、
別の花や贈りものを……というのも賢い手かも。

スポンサードリンク

pics3670ひまわり

太陽を連想するひまわり

 

母にはを贈れるけど、
父に花を贈るのは恥ずかしくて……。

 

そんな方でもひまわりならイメージ的に、
贈ることへの抵抗感が少ないみたい。

pics3669観葉植物

切り花を贈ると、
枯れるのが早いよね。

 

だから観賞用として、
長く楽しんでもらうために、
観葉植物を贈る人も多い。

 

ハイドロカルチャー仕立てという、
手間のかからない物も多いので、
育てる手間の面でも問題が以外と少ない。

 

それに観葉植物なら、
ひまわりと同様に、
贈る時の気恥かしさが少ないハズ。

 

pics3666ユリ

見た目と共に香りも人気のユリ

 

部屋に置いた場合には、
香りに癒されるという人も。

 

でも、ユリの香りが嫌い!

そんな人もいるから注意したい。

 

花か物か

父の日に花を贈るのが一般化している。

 hand-226358_640

でも、父の日には、
花ではなく記念になる物を!

 

こんな感じで、
花以外のプレゼントをする人も。

 

父の日に贈る物で、
定番といえる物をまとめると……。

 

父の日のプレゼント 定番
  • 仕事道具
     ○時計
     ○高級なボールペン
  • 趣味の道具
     ○ゴルフグローブの仕立て券など
  • 家で使う道具
     ○枕
     ○万歩計
     ○リラックスグッズ
     ○健康グッズ

 

贈りものをするときには、
メッセージカードを一緒に贈ると、
更に感動的な贈り物になるよ。

 

まとめ

父の日にはバラを!

 

この風習はアメリカで父の日を広めた、
J.B.ドットさんがお父さんのお墓に、
バラを添えたのが始まり。

 

それから数十年が経って、
父の日が一般的になり色々と変わりはした。

 

でも、お父さんを大切にしたい気持ちは、
昔も今も大きくは変わっていないハズ。

 

父の日は日頃の感謝をお父さんに伝えられる良い機会だから、
少し気恥ずかしくても形のある物を贈って気持ちを伝えたいよね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい