端午の節句といえば鯉のぼり!

 

でも行事食の、
柏餅(かしわもち)や粽(ちまき)を、
忘れるわけにはいかない。

 

柏餅と粽には、
ちゃんとした由来がある。

 

だから、子どもが柏餅や粽を食べているとき、
こっそりと教えてあげよう。

 

子どもに教えたくなる柏餅と粽の豆知識さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

あなたは柏餅派? それとも粽派?

端午の節句で食べる柏餅と粽。

 

今回は、これらに関する由来をまとめるけど、
その前にチェック!

 a0960_004383

あなたは柏餅派?
それとも粽派?

 

あなたはどちらの派閥だろう?

 

実は関東と関西で、
どちらの派閥化という傾向があるんだ。

 

関東と関西の派閥
  • 関東
     ○柏餅派が多い
  • 関西
     ○粽派が多い

 

柏餅と粽の由来

では、ここから、
柏餅と粽の由来をお伝えするよ。

 

柏餅の由来は日本にあって、
の由来は中国にある。

 

まずは柏餅の由来から。

 

柏餅の由来

柏餅は日本独特のお菓子。

 a0960_001869

まず、お餅を上新粉で作る。
次にをお持ちで包んで……

最後にの葉で包んで完成!

 

とくに柏の葉で包む点は、
特徴的だよね。

 

なぜ、柏の葉を使うのかっていう点が、
柏餅の由来になる。

 

柏餅に柏の葉を使う由来

柏の葉で包む理由は、
2つあるんだ。

 

理由1 柏の木

柏の葉は、
新芽が出ない限り古い葉は落ちない。

 

このため……
『子どもが生まれるまで親は死なない』
『子孫繁栄』
『家系が絶えない』

 

こういった家が続くという考えと結びついた。

 

だから子どもが生まれないと困る武家にとって、
柏は縁起の良い木だったんだ。

 

理由2  お供え物の器

柏の葉を、
神棚で見かけたことはないかな?

 

柏の葉は、
昔から神様にお供え物をするとき、
お皿代わりに使われてきた。

 

このことから柏は、
神聖な植物として扱われたんだ。

 

柏餅の豆知識1

柏の葉でお餅を包んだお菓子は、
昔から存在していた。

 a0777_000039

そんな柏餅が端午の節句の、
行事食とされたのは江戸時代

 

徳川9代将軍~10代将軍の時代に、
端午の節句の行事食になったんだ。

 

柏餅の豆知識2

柏餅の葉には、
包み方に決まりごとがある。

 

葉のを外に向けた包み方は、
小倉餡を使ったとき。

 

葉の(ザラザラした面)を外に向けた包み方は、
味噌餡を使った時なんだ。

スポンサードリンク

粽(ちまき)の由来

は中国から伝わってきたお菓子で、
由来も中国にある。

 

粽は端午の節句(子どもの日)の風習と一緒に
日本に伝わってきたんだけど、

 

その時代というのは平安時代だよ。

 

粽の由来

粽には邪気を払う厄払いの力がある!

 great-wall-of-china-458862_640

このように中国では考えられてきた。

 

粽に厄払いの力があるとされる由来は。
屈原(くつげん)の話にある。

 

屈原(くつげん)の話

屈原は、楚(そ)の国で、
国王の側近だった人物。

 

国を想う心と正義感の強さから、
彼を慕う人は多かった。

 

さらに彼は詩人でもあって、
離騒(りそう)という詩は、
不朽の名作とされている。

 

そんな屈原は、
陰謀によって失脚する。

 

そして国を追われて、
故国の未来に失望するんだ。

 

その結果、汨羅(べきら)っていう川に、
身を投げて自殺した。

 

屈原の死後……

屈原の死を惜しむ国民は多かった。

 fishing-366445_640

そのため屈原の死体が、
魚に食べられないようにした。

 

例えば小舟で河に出て、
魚を追い払ったりしたりね。

 

こういうことを国民が行い始めて、
数年が経ったころ屈原の幽霊が現れた。

 

そして屈原の幽霊は言った。

『川にすむ悪龍に竹筒に入った粽などが奪われている。邪気を払えるように悪龍が苦手とする物を使って欲しい』と。

 

具体的に催促したのは……。

 

屈原の幽霊が催促した悪龍を退ける物
  • 邪気を払う五色の糸で縛る
     ○五色の糸:白、黒、赤、青、黄
     ○五色の糸は鯉のぼりの吹き出しの原型となった
  • 楝樹の葉で包む

 

屈原の話を聞いた村人は、
彼の言うとおりにした。

 

するとは、
彼の元に届くようになったんだ。

 

粽(ちまき)という名前について

粽の原型は、
竹筒に米を詰めた物。

 bamboo-240321_640

それが屈原の話が出た頃、
楝樹の葉で包んだ餅となった。


これが粽の始まりとされている。

 

日本に伝わると

平安時代に中国から日本に、
端午の節句と共に伝わった粽。

 

この頃は(ちがや)という葉に、
包むのが一般的だった。

そして、この頃は、
ちがやまきと呼んでいたんだ。

 

でも茅という漢字には、
という読み方もある。

 

だから、いつしか呼び方が省略されて、
ちまきと呼ばれるようになった。

 

まとめ

今回は柏餅と粽の由来をまとめた。

 

でも、この2つ以外にも
端午の節句で食べれれる物はある。

 

例えば九州だと、
あくまきという食べ物がある。

 

これは灰汁に漬けたもち米を、
竹の皮で包んだ食べ物。

 

他にも初節句には、
赤飯や鯛を食べるという地域もあるんだ。

 

そんな行事食を子どもと食べる時は、
由来を話のタネにすれば会話が弾むかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい