鯉のぼりのてっぺんにある、
あの風車みたいなやつ。

 

アレは矢車っていう名前。

 

この矢車なんだけど、
鯉のぼりに付けるのには意味がある。

 

今日の記事は、
そんな矢車の意味や由来の話だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

鯉のぼりに矢車:名前の由来は?

矢車は、
風車みたいにクルクル回っている。

 

そして中の棒が、
矢の形をしており、
内側に刺さっているような、
デザインをしている。

 

このデザインが、
矢車という名前の由来。

 

そして矢車に使われている、
各パーツごとに様々な意味を持っているよ。

 

鯉のぼりに矢車を付ける意味はあるの?

a0150_000127

矢車の意味は、
使われたパーツごとに存在している。

 

当然デザインに盛り込まれたにも、
ちゃんとした意味があるんだ。

 

矢というのは、
日本で古くから、
特別な意味を持っていた。

 

日本で矢が持つ古くからの意味
  • 邪気を破る
  • 幸運を射止める

 

あのには、
これらの意味があるよ。

 

回転する部分にも意味がある

矢車の回転する部分を、
天球(てんきゅう)と呼ぶ。

 

この部分には、
神様が地上に降りる時の、
目印という意味がある。

 

矢車の音も重要

ache-19005_640

矢車は風に吹かれると、
カラカラがしてうるさい。

 

でも、この音が、
神様を呼ぶとされている。

 

お祭りなんかのとき、
太鼓やなんやらで賑やかいよね。

 

神様って、
楽しげな音が聞こえると、
やって来るとされているんだ。

 

鯉のぼりと矢車の関係について

矢車は神様を呼ぶ物。

 

一方で鯉のぼりは、
男の子がココにいると、
神様にアピイールする意味がある。

 

だから矢車+鯉のぼりで、
神様を呼ぶ効果を、
アップさせていると言える。

 

矢車がうるさいのなら

alone-61043_640

矢車は、
音を立てるための道具。

 

この点は、
先の説明でお分かり頂けたと思う。

 

でもハッキリ言って音がうるさい

 

マンションとかだと、
周囲から苦情が着たりもする。

 

このような場合は、
矢車を使わなくても大丈夫。

 

鯉のぼりその物が、
神様を呼ぶ道具だからね。

 

それに矢車も最近だと、
静音タイプの物が売っているから、
それを使うのも良いかもしれないよ。

スポンサードリンク

鯉のぼりに付ける矢車の由来は?

鯉のぼりに付ける矢車なんだけど、
始まりは江戸時代後期だとされている。

 

a1600_000254

江戸時代の後期というのは、
庶民の節句が豪華になってきた時期。

 

この時代には、
竿頭の先に駕籠玉をさしていた。

 

駕籠玉というのは、
球状の駕籠(かご)で、
金箔が貼られた派手なデザインだった。

 

これが矢車の原型だとされている。

 

やがて武将が持つ、
弓矢のデザインが取り入れられ、
現在のような形になった。

 

まとめ

端午の節句になると、
優雅に空を泳ぐ鯉のぼり

 

子供の成長を願った、
縁起物という側面が有名。

 

同時に神様に、
男の子の存在を知らせる、
目印のような意味もある。

 

こう言った話を子供に伝えて、
日本の伝統をしっかりと教えてあげよう。

 

子供に、
父ちゃん、母ちゃん、頭えぇんやねって思われるから(〃∇〃)

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい