そうめんと言えば、
お中元の定番。

 

もちろんそうめんには、
お中元に贈られるだけの意味がある。

 

今回まとめたのは、
そんなそうめんの意味について。

 

お中元前に知っておきたいそうめんのお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お中元というのは?

お中元というのは祖先の供養のときに、
親類の家への訪問、贈り物をするなどを、
行う行事。

 

お中元に贈るそうめんは、
高級な物であれば、
目上の方へと贈る定番といえる品物。

 

そうめんをお中元に贈ることに意味はあるのか

そうめんは、
夏にピッタリのさっぱりとした食材。

 

でもそうめんを贈るのには、
これ以外にも理由がある。

 

江戸時代の頃から、
そうめんは贈られてきた。

 

当時は小麦粉を製粉した、
そうめんやうどんは高級品で、
宮廷にさえ献上されるほどだった。

 

この名残もあり現在は、
『長く細くお付き合いください』

 

こんな意味をこめて、
そうめんを贈っているよ。

 

そうめんの保存について

そうめんは湿気を嫌う。

 

だからそうめんを保存する時には、
以下のような点に気を付けよう。

 

そうめんの保存で気をつけること
  • 天気の良い日はそうめんを陰干しにする
     ○カビなどを防ぐため
  • 近くに臭いの強い物を置かない
     ○そうめんは臭いが付きやすいから
  • 乾燥した風通しがよい場所におく
     ○湿気を避けるため

スポンサードリンク

そうめんの薬味やつゆについて

そうめんは、
薬味やつゆによって、
様々な楽しみ方ができる。

 

薬味一つにしても、
香りを楽しめる、
ゆずやのりなど色々とある。

 

つゆであれば、
普通のつゆもあれば、
味噌つゆやゴマつゆなどがある。

 

さらに言えば、
最近ではフレンチ風であったり、
色々なレシピがネットに公開されているよね。

 

もしそうめんが余ってしまったというのなら、
そのようなレシピを探してみるのも良いかもしれないね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい