とんかつと言えば、
高カロリーな食べ物ですよね。

とんかつ

 

ですから避けたいところですが、
美味しいから手を出してしまいます。

 

だから、
少しでもカロリーを低く抑えたいので、
ヒレのとんかつを食べ──

 

──チョット待って!

 

実は、
ロースのとんかつの方が、
ヒレのとんかつよりも、
ヘルシーな可能性があります。

スポンサードリンク

ヒレとロースのとんかつのカロリー

まずは、
ヒレロースカロリーを、
確認してみましょう。

 

  • ヒレ肉=115Kcal
  • ロース肉=263Kcal

 

生肉の状態だと、
明らかにロースの方が、
カロリーは高いです。

カロリー

 

次に、
とんかつにした時の、
ヒレとロースのカロリーを、
確認してみましょう。

 

  • ヒレのとんかつ=300Kcal
  • ロースのとんかつ=346Kcal

 

驚くことに、
とんかつにすると、
カロリーの差が縮まっています。

 

これは、
何故なのでしょうか?

 

とんかつにするとヒレとロースのカロリーが縮む理由

とんかつにすると、
ヒレ肉とロース肉との間にある、
カロリーの差が縮みます。

 

これは、
肉自体が揚げる時の油を、
吸っていることが原因です。

 

とんかつにする時に吸う油について

ロース

とんかつのような揚げ物は、
カロリーが高いですよね。

 

揚げ物のカロリーが高い理由は、
揚げたときに具材や衣が、
油を吸収するためです。

 

ロース肉は、
油で揚げる前から、
多くの脂肪分を含んでいます。

 

脂肪分が多いほど、
揚げたときに油を、
吸いとりにくくなります。

 

ヒレ肉は?

一方でヒレ肉は赤身で、
揚げ油を吸い取りやすい性質があります。

 

ですから、
とんかつにするために油で揚げたとき、
吸収する油の量に違いがあるため、
カロリーに差が無くなるのです。

 

それどころか揚げ方によっては、
ヒレ肉のとんかつの方が、
ロース肉のとんかつよりも、
高カロリーになることすらあります。

スポンサードリンク

ヘルシーなとんかつはどっち?

カロリーの面だけを見れば、
ヘルシーなとんかつは、
ヒレのとんかつと言えます。

 

揚げ方次第では、
ヒレのとんかつのカロリーが増大しますが、
一般的な揚げ方であれば、
この事実は揺るぎません。

 

ですが体の健康を考える場合、
栄養面も考慮しなければなりませんよね。

 

この栄養面を考慮すると、
ロースのとんかつの方が、
少しヘルシーと見ることもできます。

 

ロースのとんかつの栄養面

ヒレ

豚肉が多く含む栄養素は、
ビタミンB群が有名です。

 

このビタミンBは、
脂溶性のため脂に多く含まれているため、
ヒレ肉よりも脂の多いロース肉の方がに、
多く存在しています。

 

ビタミンB1の効果

豚肉にはビタミンB群が、
多く含まれていますが、
特にビタミンB1が多いとされています。

 

ビタミンB1の効果はというと──

 

  • 脂質の代謝を高める
  • 運動時の疲労を抑える
  • 脳が働く時に必要

 

これらの効果があります。

 

またビタミンB群は、
脂肪の代謝を促進させます。

 

これらの効果を考えると、
糖質や脂肪の代謝面から、
ヒレよりもロースの方が、
ヘルシーと言えるかもしれません。

 

とんかつの油はキャベツが!!!!

とんかつ

とんかつを食べる前に、
キャベツを口にするようにしましょう。

 

キャベツの食物繊維が、
とんかつの油を吸着するので、
体内に吸収される油が減ります。

 

また血糖値の上昇をゆっくりになるので、
インスリンの分泌が減ります。

 

インスリンというホルモンは、
糖分を細胞に取り込み脂肪にかえます。

 

ですから、
脂肪がつきにくくなりますよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい