コンビニなんかで、
最近見かけるカット野菜

カット野菜

 

野菜は体にいいから食べたいけど、
気になるのが栄養があるかどうか。

 

今回は、
カット野菜の栄養について
リサーチしてみました。

スポンサードリンク

カット野菜とは?

カット野菜とは名前の通り、
すでに皮が剥かれているし切られてもいて、
後は食べるだけの野菜。

 

毎日の朝食などに、
カット野菜を食べる方も多いですよね。

 

最近では、
冷凍の物があったりと、
種類や用途も広がっています。

 

カット野菜の栄養は?

栄養

カット野菜は、
手軽に食べられるので便利ですが、
普通の生野菜と比べると、
栄養面が劣っているのでは?

 

こんな心配を、
感じてしまいますよね。

 

ではカット野菜の栄養は、
十分にあるのかリサーチしましたので、
これからお伝えしていきますね。

 

カット野菜の加工について

一般的なカット野菜は、
水洗い後に殺菌液に漬けます。

 

その後売るのですが、
水洗いなどによって、
ビタミンCなどが減ってしまう気が、
しますよね。

 

ですが千切りキャベツのビタミンCは、
85%が残りますから、
それほど減っているわけでひゃありません。

 

このことから、
カット野菜の栄養が、
通常の生野菜よりも、
見劣りするわけではないことが、
分かりますよね。

 

ですが、
別の栄養面の問題があります。

スポンサードリンク

カット野菜の栄養の問題点

市販されているカット野菜の多くは、
淡色野菜が多いです。

 

このため、
緑黄色野菜の量が少ない傾向があります。

 

1日に摂取すると良い野菜の量が350g

 

このうち3分の1は、
緑黄色野菜でとった方が、
良いとされています。

 

ですから、
カット野菜だけでは、
緑黄色野菜の栄養が、
足りなくなる恐れがあるのです。

 

この事を考えると、
カット野菜を食べるのであれば、
緑黄色野菜を別に用意する必要が、
あることが分かりますよね。

 

冷凍のカット野菜について

カット野菜

冷凍されたカット野菜の、
栄養素も少なくなりそうで、
心配ですよね。

 

ですが冷凍した野菜の場合、
ビタミンやミネラルが、
1年間減少しないという、
研究結果が発表されています。

 

それどころか冷凍野菜の多くが、
最も栄養価が高くなる旬の時期の物が、
使われている場合が多いようです。

 

ですから、
冷凍野菜は栄養素が少ないどころか、
に多いことすらあります。

 

終わりに

カット野菜の栄養について、
今回はリサーチしてみました。

 

結論を言えば、
緑黄色野菜も用意しよう!

 

と、いう結果でした。

 

カット野菜は、
栄養が少ないわけではないのですが、
緑黄色野菜が必要なのは面倒ですよね。

 

ですから、
サプリメントの利用を考えるのも、
手かもしれませんよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい