ケールは、
スーパーフードの1つだとされており、
高い栄養効果があると言われています。

 

今回は、
ケールを否定してみました。

スポンサードリンク

ケールとは?

ケールは、
アブラナ科の青菜です。

 

黒キャベツ、赤のロシアンケール、
キャベツ、ブロッコリー、白菜なども、
ケールと同じ系統の品種だとされています。

 

ケールの簡単な歴史

昔から、
ヨーロッパ北部を中心に、
多くの地域で育てられてきました。

 

その栄養効果の高さから、
食べ物が不足しがちな、
戦時中であっても人々は庭先で、
育てるようにしていたそうです。

 

ですが──

スポンサードリンク

ケールの栄養効果を否定してみる

ケールは、
スーパーフードだとされています。

 

ですが、
スーパーフードという言葉は、
ビジネス用語です。

 

よってスーパーフードの中には、
科学的な根拠の無い食べ物が、
多くあります。

 

ケールもまた、
飛び抜けた栄養効果があるのかと言うと、
NOと言わざる得ないようです。

 

ケールの栄養抗ks

ケールは、
鉄分、ビタミン、食物繊維、抗酸化物質。

 

これらによって、
赤血球が作られる。
お通じが良くなるのを助けてくれる。

などの効果があるとされています。

 

ですが他の食物から、
これらの栄養素を摂れているのなら、
ケールを食べても劇的な健康効果を、
得られることはありません。

 

ケールだけに注目するよりも

ケールには、
確かに栄養効果があります。

 

ですが、ケールだけを食べれば、
健康になれると言うわけではありません。

 

バランス良く栄養を摂るためにも、
ケールを特別視するのは避けた方が良いでしょう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい