シュトーレンの保存の仕方!冷蔵庫だと損をする?

シュトーレンというのは、
ドイツのお菓子。

シュトーレン

 

ドイツでは、
販売用としてシュトーレンを作る場合、
法律で資格が必要だと定められています。

 

ですから、
法律が伴う少し特別なお菓子と言えますね。

 

今回は、
シュトーレンの保存の仕方について、
リサーチをしてみました。

スポンサードリンク

シュトーレンの賞味期限

ドイツのシュトーレンは、
市販の物であれば4週間が、
賞味期限の目安となります。

 

ですが日本の場合ですと、
日本人の口に合わせたアレンジが施されており、
賞味期限が半分ほどの期間となる場合が、
多くあります。

 

これは表面に塗るバターを減らすなど、
保存できる期間を延ばす工夫を、
味の為に取り除いているためです。

 

ですから、
日本で購入するシュトーレンは、
ドイツで購入する場合よりも、
賞味期限が短いと心得ておきましょう。

 

シュトーレンの保存方法

保存の仕方

食べ物というのは保存方法次第で、
賞味期限に大きな違いが生じます。

 

シュトーレンも同様です。

 

また、
シュトーレンはドイツのお菓子であり、
ドイツでの保管が前提で作られています。

 

このため、
ドイツと日本の環境が違うため、
保管方法にはドイツ以上に、
気をつける必要があります。

 

シュトーレンは涼しい場所で常温保存

食べ物の保存と聞くと、
まっさきに冷蔵庫を、
思い浮かべるものです。

 

ですが、
シュトーレンに使われている、
ドライフルーツを熟成させるのは、
冷蔵庫だと難しいのが現実です。

 

このため、
熟成を狙うのであれば、
冷蔵庫の使用は、
控えた方が良いでしょう。

 

シュトーレンの保存の仕方

冷蔵庫

シュトーレンの保存は、
冷暗所で乾燥した場所での常温保存が、
基本となります。

 

保存の手順としては、
まずシュトーレンをラップで密閉します
ラップの上からアルミホイルを巻きます
最後にタッパなどの密閉容器に入れましょう

 

ラップだけでも十分なのですが、
日本の湿気から守るためには、
可能であればこれらを行った方が良いですよ。

 

これらの準備を終えたら、
乾燥した冷暗所で保存しましょう。

スポンサードリンク

シュトーレンの切り方も長期保存には大切

シュトーレンは、
切り方も保存期間に、
関わってきます。

 

食べる時には、
真ん中を切るようにしましょう。

 

そして切った後は、
残ったシュトーレンを合わせて
ラップでしっかりとくるみます。

 

ですから、
両端は最後に食べる事になります。

 

終わりに

今回は、
シュトーレンの保存の仕方について、
リサーチをしてみました。

 

日本のシュトーレンは本場ドイツの物よりも、
保存期間が短いので注意をしましょう。

 

それと、
シュトーレンの保存にはラップを使って、
空気に触れさせない工夫も必要な点にも、
注意をするようにしましょう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

このページの先頭へ