チアシードは、
スーパーフードとして有名ですよね。

 

このチアシードは、
食べ方によって栄養効果に、
差が生まれます。

 

せっかくチアシードを食べるのなら、
効果の高い食べ方をしたいですよね。

スポンサードリンク

チアシードの効果を高める食べ方

チアシードの効果を高めるには、
以下の2点に注意すると、
栄養効果を高められます。

 

チアシードの効果を高める食べ方
  • チアシードは予め水に付けて置く
     ○水に付ける時間は12時間
  • 1日の摂取量を守る
     ○乾燥した状態で1日に大さじ1杯
  • 目的とする効果が得られる時間に食べる
     ○チアシードは食べる時間により効果が変わる

スポンサードリンク

チアシードの効果は食べる時間で変わる

チアシードは、
食べる時間によって効果に、
差が生じます

 

チアシードは食べる時間によって、
ダイエット効果、便秘解消の、
どちらに適しているか効果が変わりますから、
食べる時間に気をつけましょう。

 

ダイエット向けのチアシードを食べる時間帯

チアシード

ダイエット目的で、
チアシードを食べる場合、
どのような食べ方が良いのでしょうか?

 

食べ方と言っても、
12時間水をつけて、
ジェル状になっているので、
飲み方と言った方が良いかもしれませんが。

 

ダイエット目的の場合は、
食事をする30分~60分前に、
食べるようにしましょう。

 

お腹の中で膨らみ、
満腹感を得られますから、
食べ過ぎを防いでくれます。

 

また食物繊維が多いので、
食事前に摂取すれば、
血糖値の上昇を緩やかにするので、
痩せやすくしてくれます。

 

便秘解消向けのチアシードを食べる時間帯

食べ方

便秘解消を目的に、
チアシードを食べる場合、
どの時間帯が良いのでしょうか?

 

オススメの時間帯は、
夕食後~寝る前まで。

 

この時間帯に食べると、
腸内環境を整えてくれます。

 

特に22時~2時の間というのは、
腸の働きが最も活発になる時間帯です。

 

この時間帯にチアシードを食べて、
腸内環境を整えると、
朝のお通じに効果が出ます。

 

終わりに

今回はチアシードの食べ方を、
リサーチしてみました。

 

チアシードで注意したいのが、
食べる時間帯によって、
効果に違いが出ることです。

 

チアシードに特定の効果を求める場合、
食べる時間に注意しましょうね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい