チョコレートショコラには、
違いがあるって知っていましたか?

 

日本人のほとんどは、
チョコレートっていう言葉を使いますが、
ブランドによってはショコラって呼ぶ所もあります。

 

どうせ特別感を出して、
お客さんを集めようっていうあがきでしょ(-_☆)

 

なんて考えもしましたが、
実際はどうなんでしょうか?

スポンサードリンク

チョコレートとショコラの違い

チョコレートとショコラの違いを調べると、
ある事実が分かりました。

 

その事実とは、
どちらも意味は同じということ。

 

ただ、
チョコレート(chocolate)=英語
ショコラ(chocolat)=フランス語

 

このように、
元となった言語が違うだけです。

 

微妙に使われ方が違う

意味は同じという結論が出た、
チョコレートとショコラ。

 

でも日本での使われ方を見ると、
ショコラの方はトリュフやウイスキーボンボンといった、
少し手を加えたお菓子に使われる傾向が、
高いようです。

 

ですからショコラという言葉は、
少し高級な洋菓子店のチョコで、
使われることが多いと言えそうです。

スポンサードリンク

チョコブランドごとに違う

チョコレートとショコラは、
ブランドごとに、
どちらを使うのか傾向が決まっています。

 

例えば、
GODIVA(ゴディバ)とかデメル、ピエール・マルコリーニは、
チョコレートと呼んでいます。

 

一方でショコラと呼ぶのは、
ジャン=ポール・エヴァンとかですね。

 

やはり、
英語圏の国のブランドの場合は、
チョコレートと呼んで、
フランス語圏のブランドであれば、
ショコラと呼ぶ所が多いようです。

 

終わりに

チョコレートとショコラは、
意味が同じです。

 

ですが日本の場合は、
高級で一工夫されたチョコレートを、
ショコラと呼ぶ場合が多いようです。

 

雑誌なんかでショコラと出ていたら、
どんなチョコか確認してみて下さい。

 

そのお店がフランス生まれか、
少し手の込んでいるチョコ菓子という場合が、
多いと思いますよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい