ブロッコリーと言えば、
栄養価の高い野菜として、
有名ですよね。

 

このブロッコリーですが、
冷凍をすることで、
栄養価が高まると言われている。

 

これって本当なのでしょうか?

スポンサードリンク

野菜の3分の2が!

野菜の3分の2が、
冷凍をすることで、
栄養価が上がると言われています。

 

ブロッコリーも冷凍をすることで、
栄養価が高まる野菜です。

 

ブロッコリーを冷凍すると?

ブロッコリーは、
様々な栄養が豊富ですが、
特にビタミンCが豊富です。

 

ですが、
何も手を加えずに保存をすると、
1週間ほどで半減します。

 

ですが短時間で過熱をして、
冷凍保存をすると、
9割以上が残ります。

 

この点を考えると、
ブロッコリーを冷凍をするということは、
栄養価を高めるだけでなく、
栄養を保持する効果もあるということですね。

 

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーには、
豊富といわれるビタミンC以外にも、
色々な素晴らしい効果を持つ、
栄養素が含まれています。

 

例えばグルコラファンという栄養素は、
ピロリ菌に効果があります。

 

それに発がん性物質を無害化させる、
栄養素なんかもあったり、
酵素の力をアップさせる、
栄養素なんかも含まれています。

スポンサードリンク

ブロッコリーの茎にも栄養が

ブロッコリーのには、
つぼみの部分よりも豊富な、
ビタミンC・βカロテンが、
含まれています。

 

ですからブロッコリーを冷凍する場合は、
茎も一緒に冷凍するようにしましょう。

 

ブロッコリーの冷凍保存方法

ブロッコリーを冷凍保存する場合、
チョットした工夫が必要です。

 

そのコツというのは、
冷凍保存の前に、
軽く茹で急速に冷凍することです。

 

ブロッコリーの冷凍保存方法
  1. ブロッコリーを切る
  2. 塩を揺れた熱湯で30秒ほど軽く茹でる
  3. 水気をしっかりと拭き取る
  4. 急速冷凍をする
     ○アルミホイルで包むと冷えやすい
     ○→熱伝導率が良いため

 

終わりに

野菜の3分の2が、
冷凍をすることで栄養を増やします。

 

せっかく野菜を食べるのなら、
効率的に栄養補給ができるように、
冷凍をした方が良いということですね。

 

あとスーパーで売られている冷凍野菜は、
業務用の道具を使って、
急速冷凍をしてあります。

 

ですから、
スーパーの冷凍ブロッコリーは、
自宅で冷凍をするよりも、
栄養価が高いということが多いみたいですよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい