乳酸菌とビフィズス菌って、
実は全くの別物だって知っていましたか?

スポンサードリンク

乳酸菌とビフィズス菌を世間はこう見ている

乳酸菌とビフィズス菌は、
ヨーグルトなんかに入っている、
体に良い菌というのが、
世の中の認識です。

 

ようするに、
善玉菌というやつです。

 

ですが、
乳酸菌とビフィズス菌は、
全く別物です。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌もビフィズス菌も、
同じ善玉菌です。

 

どちらも腸内で活躍して、
悪玉菌から体を守ってくれます。

 

ですが、
乳酸菌とビフィズス菌の効果を比べると、
全く別物だと分かります。

 

乳酸菌の効果

乳酸菌は、
主に小腸に生息しています。

 

だいたい、
1億~1000億だとも、
言われています。

 

名前の通り乳酸を作ります。

 

また乳製品や発酵食品などにも、
生息しており身近な菌と言えます。

 

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌は、
主に大腸に生息しています。

 

大腸に生息する善玉菌の、
99.9%がビフィズス菌とも言われるほど、
大量に生息しています。

 

その数は、
1兆~10兆だと言われています。

 

乳酸菌のように、
乳酸も作ります。

 

さらに酢酸も作ります。

スポンサードリンク

ビフィズス菌と乳酸菌の働き

ビフィズス菌や乳酸菌は、
悪玉菌を殺菌したり、
増殖を抑えたりします。

 

どちらも重要な菌なのですが、
ビフィズス菌を摂るのは、
少し難易度が高いとされています。

 

ですから、
ヨーグルトなどで乳酸菌とビフィズス菌を、
とったと思っても実は乳酸菌だけしか、
得られなかったということもあるののです。

 

どうすればビフィズス菌は摂れる?

中年期を迎える頃から、
ビフィズス菌は一気に減ります

 

そして高齢者になると、
1パーセント未満になることもあるとか……。

 

ですかビフィズス菌の摂取は、
必要となります。

 

ですがビフィズス菌の多くは、
胃酸によって死滅してしまいます。

 

このため、
生きたまま大腸に辿り着くのは、
ごく一握りだと言われています。

 

この点を考えると、
ビフィズス菌が大腸に届きやすいように工夫がされた、
サプリメントなどを使うのが良いと分かりますよね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい