夏バテの食事には、
辛い物がオススメ!

夏バテの辛い食事

と、いうがある。

 

でも本当に、
夏バテに辛い物を食べることは、
効果があるのか?

 

今回の記事では、
その点をまとめたよ。

 

夏バテの辛い物神話の話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

夏バテに辛い物はNG?

夏バテの時に辛い物を食べると、
胃腸に負担をかける可能性がある。

 

これは胃腸への刺激が強すぎて、
夏の暑さに弱っている場合、
胃腸に負担がかかるから。

夏バテの辛い食事

 

辛いには、
発汗を促し身体の水分を、
外に排出する働きがある。

 

だから辛い物を、
何の準備もなく食べるのは、
避けた方が良い。

 

辛い物を食べる前に

辛い物を食べる前に、
牛乳を飲もう。

 

牛乳を飲むと、
タンパク質が胃をコーティングしてくれる。

 

だから辛い物の刺激から、
胃を守ってくれるよ。

 

この牛乳を飲むタイミングだけど、
辛い物を食べる30分前が、
理想的だとされているよ。

 

ちなみに牛乳以外だと、
ヨーグルトでも良いよ。

 

なぜ夏バテに辛い食べ物が良いとされているのか?

夏バテに辛い物が良いとされるのには、
ちゃんとした理由がある。

 

まず辛味成分というのは、
味覚だけでなく嗅覚や痛覚など、
様々な感覚神経を刺激する。

夏バテの辛い食事

 

さらに内臓神経なども刺激し、
汗を流させることで、
体の表面温度を下げる。

 

他にも胃液を分泌させて、
食欲を高める働きもある。

 

辛い料理が苦手なら

先に書いたように、
辛い料理というのは、
胃腸に負担をかける。

 

仮に牛乳を飲むなどしても、
過度に辛い食べ物だと、
効果が薄くなってしまうよ。

 

だから、
辛い物を夏バテの時に食べるのなら、
辛過ぎないスパイス料理を食べたい。

 

特におすすめなのは、
インドネシアやカンボジアの料理。

 

これらの料理は、
スパイス料理なんだけど、
あまり辛くないよ。

スポンサードリンク

料理に適度な辛さをつけるのなら

料理に適度な辛さを与えるのなら、
ドレッシングを作ると良い。

 

以下の物を混ぜると、
辛さ控えめの和風ドレッシングが、
できるよ。

 

少し辛めの和風ドレッシング
  • みじん切りにしたしょうが
  • みじん切りにした長ネギ
  • しょうゆ
  • 砂糖

 

夏バテに効果のある食材は?

夏バテのときに辛い物を食べると、
胃腸に負担がかかることがある。

夏バテ

でも余程辛い料理でない限り、
牛乳なんかで胃の方は、
保護できるけどね。

 

ここでは、
夏バテに効果のある食べ物を、
少しだけまとめてみるよ。

 

以下のような食材を、
スパイスと一緒に料理してみよう。

 

夏バテに効果のある食材
  • 鶏のムネ肉
     ○イミダゾールプチペドが疲労を回復させる
     ○イミダゾールプチペドは抗酸化成分の一種
  • トマト
     ○夏野菜は身体に溜まった熱を排出する物が多い

 

これらの食材は、
スパイスとも相性が良いから、
有効活用しようね。

 

まとめ

辛い物を食べるのなら、
事前に準備をしよう。

 

それと夏バテで胃腸が弱っている時は、
辛い物は避けた方が良いかも。

 

辛い物を食べるのは、
夏バテになる前にしようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい