大根の葉には、
色々な栄養素が含まれている。

 

今回のリサーチでは、
大根の葉の栄養素についてまとめた。

 

大根の葉についてのお役立ち情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

大根の葉の栄養素

私たちが普段食べる、
大根の白い部分。

 

ここにはジアスターゼと呼ばれる、
炭水化物の分解を促す成分が含まれている。

 

このため、
ダイエットに効果的と言われているよ。

 

でも大根のには、
白い部分以上に豊富な、
栄養素が含まれている。

 

この葉の部分は、
緑黄色野菜に分類されており、
栄養素も分類に見合った物が含まれている。

 

大根の葉の栄養素
  • 葉酸などのビタミン
  • βカロテン
  • ビタミンK
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム

 

大根の葉の栄養は美肌に効く

大根のの栄養素は、
美肌に効果のある物が多い。

 

栄養が豊富とされる、
ほうれんそうと比べても……。

 

大根の葉の栄養をほうれんそうと比較
  • ビタミンC
     ○ほうれん草の5.5倍
  • カルシウム
     ○ほうれん草の5.3倍
  • ビタミンK
     ○ほうれん草より少し多め
  • β-カロテン
     ○ほうれん草より少なめ
     ○ほうれん草:4200ug
     ○だいこんの葉:3900ug

 

ビタミンKは、
毛細血管の血行を促進させる。

 

その結果、
クマやシミを改善する効果を発揮する。

 

β-カロテンは、
ビタミンAに体内で変換される。

 

ビタミンAは抗酸化力が強い。

 

さらに新陳代謝を高めたり、
粘膜や皮膚の乾燥を防いだりする。

スポンサードリンク

大根の栄養素を効率的に摂取する食べ方

大根の葉を食べるとき
目的別でビタミンAを重視するか、
ビタミンCを重視するか決めることになる。

 

大根の葉の食べ方
  • ビタミンAを重視した食べかた
     ○目的:乾燥から肌を守る
     ○油と一緒に調理すると吸収効率がアップする
      →ビタミンAは脂溶性ビタミンであるため
     ○食べ方例:野菜いために入れるなどする
  • ビタミンCを重視した食べ方
     ○目的:紫外線による肌のダメージを補修
     ○胃に少し物が入っている状態で食べる
      →ゆっくりと吸収され続ける
      →空腹時と比べて1.6倍も吸収量が違う
     ○水溶性であるため調理はしない
     ○食べ方例:サラダに加えて食べるなどする

 

 

大根の葉の保存方法

大根の葉は、
大根本体から2cmほど上で切る。

 

すると大根本体が、
しなびるのを遅らせることが出来る。

 

大根の葉の保存方法
  1. 保存しやすい長さ出来る
  2. 熱湯に1分ほど通す
  3. 冷まして水気を切る
  4. 冷凍保存

 

 

冷凍しない保存方法
  1. 葉の根元部分の少し下を切る
  2. 水を貼った深めのお皿で水栽培のようにする
  3. サランラップで葉の部分を覆う

 

普段食べる根の部分は、
新聞紙でくるめば、
野菜室で保存できるよ。

 

ちなみに大根の葉は、
3日以内に使いきるようにしよう。

 

まとめ

大根の葉には栄養がたくさん含まれている。

 

でも節約料理の素材程度にしか、
世間一般では認知されていない。

 

実際には節約料理の素材扱いでは、
もったいない程の栄養があるから、積極的に食べよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい