恵方巻きを食べる風習が、
全国に広まってから10年以上が経った。

 

恵方巻きを食べる友人を、
わざと笑わせるというお約束も、
この10年の間に定着した(私の周りで)。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
恵方巻きの具材が持つ意味

 

縁起が良い恵方巻きを一層ありがたく思える記事さ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

恵方巻きが全国に広まった理由

恵方巻きというのは、
関西地方から全国に広まった風習。

 

全国に広まった大きな理由は、
大手コンビニである、
セブンイレブンの販売戦略による所が大きい。

 

a0002_010811

恵方巻きという名前も、
このセブンイレブンの販売戦略の一環として、
全国に広まったんだ。

 

セブンイレブンが全国に広めたのが、
1998年だから恵方巻きは、
微妙に古めの風習と言えるかもね。

 

ちなみに恵方巻きは、
その食べ方から丸かぶり寿司とも、
呼ばれているよ。

 

恵方巻きの由来について

恵方巻きの由来は、
いくつか考えられている。

 

以下の4つが有力視されているよ。

 

恵方巻きの由来
  • 江戸時代末期の大阪の船場の商人が
     ○商売繁盛を祈願して始めたのが始まり
  • 1800年代の節分の日、大阪にて
     ○老若男女が集合して切り分けずに巻きずしを食べたのが始まり
  • 磐裂根裂神社の節分祭にて
     ○節分祭で振る舞う夢福巻き寿司が始まり
  • 豊臣秀吉の家臣である堀尾吉晴が
     ○出陣するときに太巻きを食べた所勝利したのが始まり

 

恵方巻きという名前の由来

恵方巻きという名前は、
陰陽道が関わっている。compass-626072_640

 

陰陽道に恵方という言葉があり、
これが語源なんだ。

 

恵方というのは、
その年で最も縁起が良いとされる方角のこと。

 

この恵方には、
歳徳神(としとくじん)という神様が、
いるとされているんだ。

 

恵方巻きの具材の意味

恵方巻きに使われる具材は、
基本的に7種類。

 

これは七福神にちなんだ数で、
商売繁盛、無病息災を、
巻きこむという意味がある。

 

さらに恵方巻きは切らずに食べるけど、
これには”縁を切らない”という意味がある。

スポンサードリンク

恵方巻きに使われる具材について

恵方巻きには、
7種類の具材が使われる。

 

でも何を使わなければならないのかは、
決められていないんだ。

 

だから恵方巻きの具材に、
特別な意味は無い……

 

……と、思いきや、
以下の2種類の具材には、
意味があるという説がある。

 

恵方巻きの具材で意味を持つのは?

意味があるとされているのは、
キュウリ桜でんぷeating-362627_640

 

キュウリ=青鬼を表し、
桜でんぷ=赤鬼を表す。

 

そして太巻きそのものは、
鬼の金棒を表しているとされている。

 

で、恵方巻きを食べることは、
鬼達を食べて鬼退治をするという意味に、
繋がるという説があるんだ。

 

鬼というのは、
昔から邪気を指すことが多かった。

 

だから恵方巻きを食べて、
鬼退治をするということは、
邪気払いをする意味もあるんだ。

 

恵方巻きの食べ方

恵方巻きを食べるときには、
以下の5点に気を付けることになる。

 

恵方巻きを食べるときに気を付ける5ポイント
  • 1本を丸ごと食べる
  • 恵方を向いた状態で食べる
  • 食べている最中は喋らない
     ○喋ると福が逃げるとされている
  • 目を閉じて食べる
     ○願いに思いを馳せ続ける
  • 口を1度も離さずに食べる

 

まとめ

恵方巻きの具材が持つ意味について、
今回はリサーチしたよ。

 

恵方巻きの具材って、
基本的にお好みで!

 

と、いうパターンが多いけど、
使う具材を7種類にして、
キュウリ桜でんぷを使う。

 

これらを取り入れれば、
一回り縁起の良い恵方巻きが完成するんじゃないかな☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい