眠気が抜けない……。

 

でも仕事や学校に行かないと……。

 

このような時、
多くの人が眠気覚ましのために、
コーヒーを飲みますよね。

 

ですが、
効果を感じないという場合も多く、
コーヒーの眠気覚まし効果は、
嘘なのでは!?

 

と、疑問に思われる方も多いようです。

スポンサードリンク

コーヒーの眠気覚まし効果の有効時間

コーヒーの眠気覚まし効果は、
2時間~4時間ほど続きます。

 

コーヒーを口にしたら、
99%のカフェインは、
1時間以内に吸収されます。

 

その後15分~120分後には、
血中濃度が最大になるとされています。

 

このため、
コーヒーを口にしてから、
2時間~4時間経った頃が、
最も眠気覚まし効果が高まります。

スポンサードリンク

コーヒーは1日中飲んでも眠気覚まし効果は続かない

コーヒーは、
1日に何度も飲んだとしても、
眠気覚まし効果は続きません。

 

これは、
1日に摂取できるカフェイン量には、
限度があるため。

 

だから、
最も眠気効果を得たい時間を狙って、
コーヒーを飲むタイミングは、
決めたいところです。

 

眠気覚ましでコーヒーを飲むベストタイミングは?

コーヒーを飲んで、
眠気覚まし効果を最も得たいのは、
どの時間帯か?

 

コーヒーの眠気覚まし効果は、
飲んでから2時間~4時間経った頃に、
本格的に発揮されます。

 

ですから、この時間を考慮して、
コーヒーを飲むタイミングは、
決めましょうね。

 

例を挙げるのなら──

午前中を何とか乗れば
お昼休みには仮眠が取れるという方は、
午前中を乗り越えることを考えると良いでしょう。

 

ですから、
朝9時くらいにコーヒーを飲めば、
午前中は乗り越えられるハズです。

 

逆にこの例の場合だと、
10時以降にコーヒーを飲むと、
仮眠を邪魔することになります。

 

ですからコーヒーを飲む時間は、
早すぎず遅すぎずを心がけましょう。

 

終わりに

コーヒーの眠気覚まし効果は、
飲むタイミングが大切。

 

もう1つ注意したいのが、
飲むコーヒーの種類

 

甘すぎるコーヒーだと、
血糖値の急上昇と急降下が起こるので、
避けたいところです。

 

それとブラックコーヒーを、
空腹時に飲むと胃の不調につながるので、
コチラも避けましょう。

 

ですから飲むコーヒーは、
甘さを控えめにした、
カフェラテあたりがオススメですよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい