には色々な種類があります。

 

もちろん感じる甘さは同じでも、
カロリーが違うなど、
籐の種類による違いも多くあり、
健康への影響も違います。

 

今回は糖や甘味料の、
健康への影響について、
リサーチしてみました。

スポンサードリンク

糖や甘味料を比較するときに注目するのは?

糖や甘味料を比較するとき、
以下の3点に注目すると、
違いが見えてきます。

 

糖や甘味料を比較するときに注目するのは?
  • 甘さ
     ○温度や糖の種類により変化する
  • 血糖値の上昇スピード
     ○糖の摂取は血糖値上昇につながる
     ○上昇スピードは低い方が良い
  • カロリー
     ○カロリーは低い方が良い

スポンサードリンク

糖や甘味料の違い

には色々な種類がありますが、
私たちがよく口にするのは、
以下の糖や甘味領です。

 

代表的な糖や甘味領の健康への影響
  • ブドウ糖
     ○血糖値の上昇が早い
     ○燃焼させやすく脳の即効のエネルギーとしても有名
     ○不足すると集中力低下を招く
  • 果糖
     ○甘味が強い
     ○低温状態で最も甘味を強く感じる
     ○体内の酵素によりブドウ糖になる
     ○血糖値の上昇が早い
  • 麦芽糖
     ○人間が最も多く摂取している糖と言われている
     ○炭水化物を食べたとき体内で生成される
     ○唾液などから分泌されるアミラーゼにより
  • ショ糖
     ○
    最も一般的な糖分
     ○体内に入るとブドウ糖と果糖とに分解される
     ○血糖値の上昇も早い
     ○虫歯の原因になりやすい
     ○カロリーが高い
  • キシリトール
     ○ショ糖と比べるとカロリーが4割低いが甘さは同じ程度
     ○虫歯のリスクが無い
     ○下剤効果がある
  • スクラロース
     ○人工甘味料の代名詞的存在
     ○甘さがショ糖の600倍ある
     ○カロリーは0
     ○138℃で熱すると塩素ガスが発生

 

終わりに

日本の食事からは、
糖や甘味料が切り離せません。

 

ですから、
糖や甘味料について、
ある程度は知っておきたいですよね。

 

特に健康への影響に関しては、
なおのことです。

 

糖や甘味料の摂取は、
カロリーと血糖値に注意しましょう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい