納豆は日本食の、
定番ですよね。

 

それに健康にも良く、
栄養価が高いことでも有名です。

 

現在、海外でも、
納豆栄養価に魅せられた人が、
増殖中だそうです。

 

そんな納豆の代表的な栄養効果について、
今回はリサーチしてみました。

スポンサードリンク

食材の微生物について

食材の中には、
微生物が存在しています。

 

この微生物は嫌われることも多いのですが、
食材の微生物を取り除くと、
近年では体に有益な微生物まで、
取り除いてしまうと主張する人が、
近年になって増えてきました。

 

納豆の細菌

納豆の細菌は、
多くが休止状態です。

 

しかしという活動に適した環境に入ると、
活躍してくれるようになります。

 

納豆菌は、
酸に強いという特徴があります。

 

このため胃酸に負けることなく、
腸にまで生きたまま届きやすいのが、
最たる特徴と言えるでしょう。

 

この納豆菌ですが、
腸内で善玉菌として働き、
悪玉菌の悪影響を退けてくれます。

スポンサードリンク

納豆の栄養効果は血液に効く

納豆の酵素は、
血液中の繊維素と化学反応をして、
赤血球のベタ付きを軽減します。

 

動脈壁中の、
脂肪性の沈着物が生成されるのを、
防いでくれたりもします。

 

この結果、
心臓発作などの症状が出たとき、
症状を軽くしてくれるとされています。

 

納豆は骨にも良い

納豆には、
ビタミンK2が豊富に含まれています。

 

このビタミンK2は、
食材から摂取するのが難しい栄養素で、
スプーン1配分の納豆に300ミクログラム含まれており、
1日に必要な量の7倍に当たります。

 

ですから、
納豆は血液と骨と腸の健康に、
良い食べ物と言えるのです☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい