赤ワインは、
体に良い効能がある!

赤ワイン

 

と、言われて、
ウイスキー派や日本酒派から、
派閥を変えた人もいるかもしれません。

 

ですが、
赤ワイン効能ウソだという噂も……。

スポンサードリンク

赤ワインを飲んでも癌や心筋梗塞になる?

赤ワインの効能として有名なのが、
癌や心筋梗塞の予防効果。

 

ですが、
米ジョンズ・ホプキンズ大学医学、
部眼科学教授のSemba氏らの研究では、
癌や心筋梗塞のリスクが、
低減しないと発表されました。

 

Semba氏らの研究

効能

Semba氏らの研究は、
1998~2009年に行われました。

 

場所はイタリアの2つの村

 

研究に参加したのは、
65歳以上の男女783名

 

この人たちは、
レスベラトロールの豊富な食事を、
食べています。

 

研究では尿中に含まれる、
レスベラトロール代謝産物を、
測定しながら彼らを追跡調査したそうです。

 

レスベラトロールとは?

レスベラトロールというのは、
ブドウの茎や皮などから抽出できるエキスに、
微かに含まれる成分。

 

ポリフェノールの一種で、
赤ワインに含まれていることで、
有名ですよね。

 

レスベラトロールは、
強い抗酸化力を持っています。

 

細胞の酸化を防いだり、
肌の弾力を改善するなど、
色々な効果で注目されています。

スポンサードリンク

Semba氏らの研究結果

Semba氏らの研究結果はというと、
268人が死亡し、
174人が心疾患を患い、
34人が癌になったそうです。

 

この研究結果から

レスベラトロール濃度が、
高い人と低い人との間に、
死亡率に決定的な差は無かったそうです。

 

また、
高濃度レスベラトロールと、
心疾患や癌の低リスク化の、
関連性も見られないと判断されたそうです。

 

それどころか、
心疾患発症率に限って言えば、
低いのはレスベラトロール濃度が、
低い人たちだったそうです。

 

結論

ウソ

Semba氏によると、
レスベラトロールの摂取により、
死亡、心疾患、癌の減少が、
起こるとは考えにくいとのこと。

 

だから野菜中心の、
バランスの良い食生活と、
運動を心がけるのが良い。

 

と考えられるそうです。

 

研究について

今回は赤ワインの効能に、
癌や心疾患になる確率を低下させることは、
期待できないという研究結果の話しでした。

 

ですが、
赤ワインに癌や心疾患になる確率が、
赤ワインによって減ると考える専門家もいます

 

ですから今回の研究結果だけで、
結論を出すわけにはいかないでしょうね。

 

だから

ようするに赤ワインを飲んでも、
健康の基本をないがしろにすると、
痛い目を見るぜ!

 

と、いう程度に考えて、
健康の基本的な部分を大切にして生活をすれば、
良いという事なのでしょう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい