年賀状を出すのなら、元日に届いてもらいたい。

 

では、いつ投函すれば望み通りの日に届くのだろう?

スポンサードリンク

年賀状を元日に届けるには?

郵便局が年賀状を取り扱うようになるのは、12月の15日から。

 

可能であれば、この12月15日に投函してしまいたい。

 

でも12月の25日までに投函すれば、元日に年賀状が届く可能性がとても高いとされている。

 

12月25日以降について

12月25日以降については、元日に年賀状が届く可能性が下がってくる。

 

でも近隣の都道府県に住む人に贈るのであれば12月の27日までに。

 

同一の圏内に住んでいるのであれば12月の28日までに。

 

同じ郵便管轄内に住む人であれば12月29日までに。

 

上記のような感じで投函すれば、元日に届く可能性が高い。

 

とはいえ……

12月25日以降であっても、元日に届く可能性は十分にある。

 

でも元日の郵便配達は、とてもたくさんの年賀状を郵便局の配達員の人は取り扱うことになる。

 

このため、数が多すぎて配達しきれない可能性も──。

 

もっといえば12月25日に投函しても、元日の年賀状の数によっては1月1日に配達されない可能性もある。

 

だから可能であれば12月15日に投函してしまうのが賢い選択だと言える。

 

年賀状はいつまでに届けばマナー違反にならないの?

年賀状は、1月7日までに先方の元につけばマナー違反にはならない

 

この1月7日と言うのは松の内。

 

松の内というのは、お正月の門松を飾っておいてよい期間。

 

お正月の一部だという感じ。

 

松の内の期間は、関東と関西で違っていて──

  • 関東は1月7日
  • 関西は1月15日

──このようになっている。

 

この事を考えると、関西であれば1月15日までに届けばいいじゃん! と感じられるかもしれない。

 

でも郵便局の年賀状の取り扱いが、1月7日で終わってしまう。

 

だから1月8日以降の投函は、消印が押されてしまうので年賀状を出すのにふさわしくない。

 

1月7日までに投函出来なかったら?

1月7日までに投函出来なかったら、寒中見舞いとして出すのがマナー。

 

寒中見舞いというのは、1年の間で最も寒くなるこの季節に先方の体調を気遣って贈る挨拶文。

 

年賀状の返信が予想外の人から送られてきたり、うっかり出し忘れた人がいた場合、この寒中見舞いを出した方がいい。

 

このとき年賀状を出せなかったお詫び文を書くのをお忘れなく。

 

そして、使うのは通常のハガキで決して年賀状を使うわけにはいかないことにも注意しよう。

 

もちろん寒中見舞いなので、年賀状に書くような新年のあいさつを書かない点にも気を付けたい。

 

ちなみに寒中見舞いを出せるのは、1月8日~2月3日となっている。

 

終わりに

今回は、年賀状をいつまでに出すのかについてお伝えした。

 

元日に届けたい場合は、基本として12月の25日までに出したい。

 

でも郵便局で取り扱う年賀状が多い場合は、元日に届かないので、可能であればもっと早いタイミングで年賀状は出そう。

 

早ければ早いほどよいから、12月の15日に出せばまず元日に届くと考えられるよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい