私は、 小説家になろうで読むことが多いです。   一般的に販売されている書籍とは違い、 荒削りな所になんとなく惹かれるからです。   エタるものも多いですが、 それでも魅力を感じています。  ・・・